左足の小指がぽきっとね

私が高校一年生になりたての5.6月の頃に大きなけがをしました。

私の家は、二世帯住居で、おじいちゃん、おばあちゃんと、両親とくらしています。

あの事件がおきたのは、確か雨が降る日曜の夜8時頃でした。
家の形はL字型の家で、L字型のlの部分がおじいちゃん、おばあちゃんの住んでいることろなのですが、おじいちゃん達のリビングの窓をでたら、マンホールみたいなのがあり、そのマンホールの先に犬を飼っていたので犬がいました。

そして、わたしが、犬にエサをあげるため皿をとりに行き、おじいちゃん達のリビングにいこうとした時に、マンホールに左側だけ落ちたのです。

なぜ落ちたかと言うと、当日雨が降っており、おじいちゃんがマンホールを開けていたのです。
ですが、わたしはまっくらでなにも見えず、下も見ないまま歩いていたので、落ちてしまったのです。

いらちなわたしは、落ちてすぐもー!と怒って履いていたサンダルを実家の玄関に投げた時に、サンダルに血が付いていて、玄関にも血がついており、慌てました。
そして左足の小指をみたらぱかっと、ほぼ小指一周もげていたのです。
まったく痛くなかったのですが、なぜか痛いと泣いていました。
そして、風呂から出た後の格好だったので、服を着替えたいと何度も言っていました。
父親はわたしの足をとりあえず血が止まるように抑えて、母親は救急車に電話をしてくれました。

救急車がきて乗った後、あまり行きたくない様な病院(近かったので)に運ぶと救急隊員が言っていたのを聞いて、いやだ!と思っていました。
けど仕方なくその病院に行き、レントゲンをとって縫うのですが、レントゲンをとるときに、おばあちゃん看護師さんが先生に置き方が違うと怒られていてますます不安になりました。
けど、たまたまその日、大きな大学病院の先生が当直?でいたため、私の小指は無事くっつきました。

怪我から10年経ちましたが、右足の小指に比べると、若干太く、塗った後も縫い目がわかり、寒くなったりすると痛いし、その小指になにかが当たると痛いです。

小指も必要なさそうにみえて、ないと大事な部分だと感じました。